京都ではたらくナビゲーション【正社員編】 » 絶対に失敗しない就職・転職のチェックポイント » 転職に有利な資格ってあるの?

転職に有利な資格ってあるの?

和服の女性イラスト

将来的に転職を考えていてそのときに有利になる資格を取りたいと思っている方におすすめの資格情報についてご紹介します。

転職に有利な資格とは?

資格がなくても就職できる仕事はいろいろありますが、他のライバルに比べて有利になりたいと思っているのであれば資格を取得しておくのもおすすめです。具体的にどのような資格がおすすめなのかについてご紹介するので気になるものを参考にしてみてくださいね。

自動車免許

普通自動車免許を必須としている求人は全体の1割とされています。そのため、免許を持っていない方は取得を検討してみましょう。

薬剤師

薬剤師の資格を持っているとパートやアルバイトとして雇ってもらったとしてもかなり高い時給が期待できます。女性の場合、子育てが落ち着いてから短時間だけ働きたいと思った時にも役立ってくれるでしょう。

他にも医療系の資格は医療関係の仕事に就く際に取得していると優遇されます。

MOS

幅広い職業の転職において持っていると有利になる資格です。Microsoft Office Specialistの略称で、ワード・エクセル・パワーポイントといったソフトを使用できる証明にもなります。

近年はパソコンを取り入れている職場も増えてきましたよね。しかし、「パソコンができます、自信があります」と口で言うだけでは具体的にどれくらいの知識を持っているのかが全くわかりません。

そういった場合にもMOS関連の資格を取得しておくとどれくらいパソコンができるのかはっきりするのでおすすめです。

日商簿記検定

簿記検定の資格を持っていて有利になるのは事務系の仕事だけでは?と思うかもしれませんが、営業や管理の仕事をする際にも非常に役立つ資格です。お金についての深い理解があり、その動きを把握する力があると認められるので、事務だけでなくたくさんの職業で役立ちます。

ただし、簿記検定であれば何級を取っていたとしても転職において有利になるわけではありません。一般的に、2級以上でなければ有利には働かないとされているので、このラインを目指してみましょう。

合格率は70%以上となっているため、しっかり勉強しておけば取得することは不可能ではありません。

TOEIC

資格ではありませんが、TOEICで高得点が得られれば高い英語能力があることが証明されます。海外との取引のある職場へ転職を検討している方は、できるだけ高得点を目指してみましょう。また、近年はグローバル化が進み、これまで外国の方と接することがなかったような職場でも英語を必要とする機会が増えてきました。

例えば、日本人向けの接客をする職場でも英語が話せるといざ外人のお客さんが来た時に接客を任せられるので積極的に採用しているところも多いようです。

調理師

料理に関する職場で働きたいと思ってる方におすすめしたいのが調理師免許です。職場によっては調理師免許を持っていない方は料理に関する仕事をさせてもらえないところもあります。

また、調理師免許が役立つ職場は幅広く、調理や食材に関わる職場で重宝されるでしょう。

TOEFL

こちらもTOEICと同じで資格と呼べるものではありませんが、履歴書に書くことができます。TOEICがあればTOEFLはいらないのでは…と考えてしまいますが、実は外資系企業への転職には、TOEFLのほうが有利に働くこともある、といわれています。これは認知度の問題ですね。日本では、TOEICの方が知られているのですが、世界ではTOEFLがメジャーであり、評価される可能性が高いです。 目安として213点以上は必要とされているため、それ以上の点数の場合はアピールできますね。

秘書検定

秘書として必要な知識やマナーなどがある、という証明ができる資格です。秘書になるために必要な資格のように感じてしまいますが、それだけではありません。秘書検定を持っているということで、この人はビジネスマナーなどもしっかりと心得ているだろう…と採用側は認識します。 採用するなら、社会人としての常識を問われる場面でしっかりと立ち振る舞いができる、そんな人材を多くの会社は求めています。それを資格で証明することができるため、転職では幅広い職種に有利となる資格です。

宅地建物取引士

不動産関係の仕事を目指しているなら、かなり有利に働く資格です。資格を取得することが入社後に定められている会社もある、というぐらい必要とされています。入社後に取得も可能ですが、それよりも事前に取得している人材のほうが、企業側としては助かりますよね。 不動産業界への転職をするなら、絶対に必要な資格です。

色彩検定

色彩に関する知識が得られる検定で、デザイナー関係の仕事を目指している人には役立ちます。WEBやDTP、グラフィック、空間、ファッション…デザイナーの職業はたくさんありますよね。それぞれジャンルは違っても、どれも色彩に関する知識が必要な仕事です。クリエイティブな仕事を…と思っているなら、色彩検定は取得しておいたほうがいいでしょう。

ファイナンシャルプランナー

お金のプロ、と呼ばれる資格ですね。特に女性は、長くしっかりと働いていくために有利な資格といわれています。金融関係の仕事だけではなく、不動産にかかわる仕事、また士業と呼ばれる仕事でも役立てることができるため、転職にも有利です。 1級を取得することができれば、起業も可能。転職のその先を見据えて…と考えている人にもおすすめです。

基本情報技術者

情報処理技術者試験の一つなのですが、今の時代必要とされている数が多い職業、プログラマーやシステムエンジニアを目指したい人に必要な資格です。IT関連の知識や技術をしっかりと持っている、と評価してもらえます。 実際に入社後に資格を取得させるという会社もあるため、転職の際は事前に取得しておくことで、よりアピールできるポイントとなります。

LPIC

こちらもITエンジニアに必要な資格なのですが、全世界ですべて同じ試験を受験することになっているため、世界的な知名度が高い資格といえるでしょう。技術レベルが1~3で判定されて結果が出ます。自分の技術がどれぐらいのレベルであるかを示せることから、転職時にも役立ちます。

通関士

海外からの輸入、日本からの輸出、それらを任される仕事に役立つのが通関士の資格。資格で得た知識を活かして、スムーズにやり取りができるようにサポートするのが仕事です。国家資格であり、貿易関係では唯一の資格となっています。貿易に携わる仕事に就きたい人には必要な資格といえるでしょう。

販売士

販売の際に必要な知識やマナー、技術を学べる資格です。デパートの販売員、接客業全般に役立ちます。実は3級から1級までレベルが分かれており、1級になるとマーケティングに関する問題も出題されます。そのため、販売をするだけではなく、マネジメントやマーケティングの知識も身につく資格です。

あなたにぴったりのサポートが見つかる!京都の転職サイト・エージェントまるわかりガイド

あなたにぴったりのサポートが見つかる!京都の転職サイト・エージェントまるわかりガイド

京都の転職サイト・エージェントまるわかりガイド
リクルートエージェント
マイナビエージェント
デューダ
コトコト
京都ジョブパーク
リクナビNEXT
エン・ジャパン
はたらこねっと
はたらいく
人気職種別にリサーチ!京都の転職事情【成功・失敗談】
営業
事務
経理・人事
エンジニア
特集!意外と多い京都のUターン・Iターン転職体験談
東京での独り暮らしに疲れてしまって…
東京での職場にストレスを感じて思い切って転職!
地元に帰れたのは良かったけど…
仕事ができると思い込んで上京したものの…
キャリアアップのためIターン転職!
転職したからこそ憧れの仕事に付けた!
思い切って彼女がいる京都に…
準備をせずに先走ってしまい失敗…
あまりにも理想が高くなっていることに気づけず…
絶対に失敗しない就職・転職のチェックポイント
活動を始める前にすべきこと
履歴書や職務経歴書の作り方
面接が上手くいくための対策
要チェック!年代別の年収事情
転職の時期やタイミングはいつが良い?
転職に有利な資格ってあるの?
就職偏差値って何?
魅力たっぷり!京都のおすすめスポット紹介ガイド
京都の家賃相場をチェック
OL必見!京都のおしゃれなランチスポット
休日に行ける京都の観光地
京都で有名な企業
京都の季節イベントカレンダー
京都市内でインスタ映えするおすすめスポット